YKPの活動

●アイテム ○情報交換・収集 ○販路拡大・提携 ○研修・開発(その他)
●ビジョン YKPは21世紀の三浦半島地区における情報交換の拠点に相応しい環境作りと、
立地条件を生かした基盤整備や業種の多様化を目指しています。

●2017年予定表

日程 タ  イ  ト  ル
1月20日
(金)
■テーマ■
「2017年時代は変わる!(欧州連合)を発端として、世界、アジアを取り巻く、日本国内・国外の今後」
■講師■
参議院議員 中西 けんじ 様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:井上氏・松村氏
1月26日
(木)
■テーマ■
YKP理事・幹事会 理事会・幹事会の開催(前期)
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:(理事・幹事各位) YKP事務局
2月10日
(金)
■テーマ■
第1部:2017年度 総会
第2部:「『選ばれる町・横須賀』になるために」
■講師■
横須賀市議会議長 板橋 まもる 様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:金井氏・齋藤(秀)氏
3月10日
(金) 未定
■テーマ■
「集団的安全保障」 ~中東、アジア、ヨーロッパ、アメリカの地政学~
■講師■
海上自衛隊 横須賀地方総監部幕僚長 海将補  杉本 様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:葛西氏・落合氏
5月12日
(金)
■テーマ■
「アジア・中国・ベトナム・タイ・インド・アジアの架け橋、25年を通じて」
■講師■
京浜多摩和僑会・アジア企業家村事務局長
(株)夢みらい21代表幹事 牟田口 雄彦 様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:松下氏・金子氏
6月9日
(金)
■テーマ■
「イタリア、クラッシックバロックの夕べ」
~スピーチ&バイオリンの演奏~
■講師■
横浜バロック室内合奏団 代表 小笠原 伸子 様
≪調整中≫またはピアノとバイオリン演奏 上智大OB荻野様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル または荻野様邸
幹事:小笠原氏・立花氏
7月12日
(水)
■テーマ■
YKP理事・幹事会 理事会・幹事会の開催(中期)
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:(理事・幹事各位) YKP事務局
8月4日
(金)
■テーマ■
「近代史の探求」 (内容準備中)
■講師■
郷土史家 山本 詔一 様
中華コース食事会・納涼会
■場所・幹事■
場所:中華飯店 新海岸
幹事:上原氏・田中氏(三本コーヒー)・松下氏
9月15日
(金) 未定
■テーマ■
「日本の営業改新!TPPの」
■講師■
衆議院議員 小泉 進次郎 様
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:齋藤(秀)氏(ヨコソー)・上床氏
 
≪調整中≫六本木 アメリカ・ロシア大使館視察後 懇親会
10月13日
(金)
■テーマ■
準備中
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:森氏・末吉氏
11月10日
(金)
■テーマ■
YKP理事・幹事会 理事会・幹事会の開催(後期)
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:(理事・幹事各位) YKP事務局
12月1日
(金)
■テーマ■
「2017年12月、他団体との交流大懇親会パーティー」
ジャズ&クラシックコンサート
 ・・・企画中・・・
■場所・幹事■
場所:サイカ第2ビル
幹事:落合氏・齋藤(雅)氏・井上氏・加藤氏・立花氏

●募集   常に他の業種、団体との交流を拡大する為、会員やオブザーバーを募集しています。

YKP(トーク)

「横須賀交流プラザ」(雑賀 政徳 代表幹事)は、横浜で活動している異業種グループの「あきびと21」から 昭和63年(1988年)5月に分離独立し、異業種間の交流を基盤にして、 「企業経営と地域社会に貢献」することを目的に、横須賀を中心拠点として活動している団体です。
現在、参加正会員は31社。毎月1回の例会では、経営情報の交換や研究発表などを始め、 専門家や知識人を招いての講習会や座談会を主としている。
そのほか、年間行事として国内の各種企業の視察研修のほか、 史跡見学や音楽鑑賞会など、教養研鑚のための行事も行っている。
異業種交流による活動は、自然と各企業の発展につながり、ひいては地域社会の活性化に貢献すると考え、 まちづくりに向けて他団体との交流も積極的に実施し、毎回100%近くの出席率と多数のオブザーバーが 参加してのアクティブな活動やビジネス交流を展開している。
また、市民ネットワークの拡大という観点から、「よこすか未来塾」へは積極的に参加しており、 「よこすかの産業の発展」と「夢のあるよこすかのまちづくり」のため、建設的な提言を今後も続けながら、 グループとしてさらなる躍進を期していきたい。
一方、神奈川異業種グループ連絡協議会のビジネス交流に参画し、役員団体を勤めており、 今後は近隣の逗子・葉山・三浦などの各業種グループとの交流を図りつつ「三浦半島ネットワーク」づくりを目指している。